冬に魚が釣れない理由についてご存知でしょうか?

いくら冬の寒さで動きが鈍るとは言っても魚も生き物ですので、

食べなければ死んでしまいます。

今回は、冬に魚が釣れない理由について紹介します!

冬に魚が釣れない理由とは?

釣りをする方なら一度は思ったことがあるはず。

冬に魚がなかなか釣れないと…。

今回は、冬に魚が釣れない理由について紹介していきます。

魚は変温動物に属しています。

変温動物とは、接している物体や周りの気温によって

体温が接しているものと同じ温度になる動物を指します。

冬は水温も下がるので活動が鈍くなり、あまり食べなくなります。

しかし、あまり食べないと言っても、生き物ですので食べないと飢え死にです。

冬に魚が釣れない理由には、プランクトンに密接な関係がありました!

恐らく釣れないと思った方は浅場で釣りをしているのではないでしょうか?

冬の海水温度の低下で浅場には、プランクトンがおらず、

エビがプランクトンを食べに来ません。

エビが浅場にいないということは、エビを捕食する魚もいません。

なので冬に魚がなかなか釣れないのです。

まとめると、

海水温度低下でプランクトンが浅場にいない

浅場にプランクトンがいないのでエビが来ない。

エビを捕食する魚も来ない

浅場で魚が釣れない

という流れになっています。

因みに、冬の浅場では、海が透明に見えます。

それはプランクトンがいないので、海が透き通って見えるからだそうです。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬に魚が釣れない理由には、プランクトンやエビが関係していたのですね…。

食物連鎖の片鱗を見た気がします。