空港のロビーに並ぶ人々

海外旅行で航空券は直前が安くなるって本当?

海外旅行に行く場合には、航空券が安くなる場合があります。飛行機チケットは基本的にそれほど安いものではありませんが、タイミングによっては安いことが考えられます。ではいったいいつ予約すると安いのでしょうか。

実は、航空チケットは直前が安いことが少なくありません。直前になればなるほどを安くなっていきますので焦って手配するよりも直前になってゆっくり手配した方が良い結果を招くといえるでしょう。そもそもなぜ直前の方が安いのかといえば、直前になると乗客が足りない可能性があるからです。

通常であれば、乗客が足りなければ可能な限りそれを埋めようと必死になるはずです。ですが、閑散期の場合には直前になっても埋まらない可能性も少なくありません。

飛行機は、お客さんが乗っていなければその分空席で飛ぶことになりますので乗車率が高い方が確実に収益につながります。つまり、多少安くしたとしても一人でも多くのお客さんを乗せた方がメリットが大きいことがわかります。

Sponsored Link


航空券の値段が変動する理由とは!直前予約のコツ

飛行機の値段が変動する理由は、閑散期の場合だけに限られますがお客さんが余りのっていないからです。もし、繁忙期の場合には値段変動はそれほどないでしょう。

なぜなら、航空券値段を下げなくても確実にお客さんが乗ってくれるからです。ほぼ100パーセントお客さんが乗ってくれるとわかっているのに、わざわざ値段を下げる意味がありません。

お客さんは、多少高くても絶対にその日のその時間でなければ飛行機に乗ることができないとわかれば必ず乗るようにします。そのため、別に安くしなくても問題ないことが理解できるでしょう。

直前予約のコツとしては、一日に数回必ずチケット売り場に連絡を取って見ることです。同じく直前を狙っている人がいますので、少しタイミングがずれただけで航空券がなくなってしまう可能性もあります。

また、いつやすくなるかわかりませんので定期的に電話やインターネット上の確認をしておくことが必要になります。このように考えると時間はかかりますが、その分だけ安く乗ることができると考えられます。

Sponsored Link