ゲレンデ

スキーワックス塗るのは必要なのか?不要なのか?

このページでは、スキーワックスを塗るのが必要か不要かについて、「どのような状況だと無駄と考えるか?」「スキー板にワックスを塗るより大切なことって?」に焦点をあて意見してみました。よろしければ、記事を読んでいただければ幸いです。

スキーワックスは不要というのは…板に何かを加工するよりも腕前を上げた方が良い!

スキーワックスは、雪の上で早く滑るために開発されたものです。もともと、スキーのスピードを出すためには腕前が一番なことは言うまでもありません。このため、単にスキー板にワックスを塗らなかったとしても、それほど意味がないわけです。

つまり、スキーの腕前がない人が少しでも早く滑ろうとするならば、スキー板に何かを加工するよりも腕前を上げた方がよいわけです。

より多くスキーを滑る練習をすることで、確実に時間は縮まってくるでしょう。ただ、ワックスは必要ない!といえるかは微妙なところになります。完全に無駄や不要かはその時の雪質やスキー板の状況によっても変わってくるでしょう。

実際に、実験をしてみた結果何もつけていなかった方が早く滑ることができたといった例もあるぐらいです。逆に、本当にスキー板にただの油を塗ったところ早く滑ることができたといった話しもあります。

結局どちらも考えられるわけで、一概に否定するのは間違いと言えるかもしれません。この場合には、両方を練習してみてどちらが早く滑ることができたかを自分自身で体験することも必要です。

Sponsored Link


結論!スキーワックスは不要?スピードを求めるならば積極的に付けた方が良い!

結論としては、スキーワックスが本当に不要なのか、無駄なのかと言われればよくわからないでしょう。必要ないという人は、それなりにスキーの腕前があり、スピードを出すことを目的としていない人かもしれません。

スキーを滑る場合は、必ずスピードが速ければ良いわけではありません。自動車なども同じですが、加速がよくスピードの速い車は確かに魅力的です。しかしながら、楽しみ方はもっと別にもあるといえるでしょう。

具体的には、ゆったりとした座席で静かに高速道路を走るのも一つの楽しみです。また、ミニバンのように複数の人たちが乗り合わせてワイワイとしゃべりながら目的地に移動することも楽しみといえるわけです。

もちろん雪の上をそのようなことをしながら滑ることが出来るわけではありません。これはあくまでもたとえになりますので自動車ならばそのような楽しみ方があるといっているだけです。もしスピードを求めるならば、スキー板にワックスは積極的に付けた方が良いですが、そうでなければわざわざ時間をかけて付ける必要がありません。

まとめ

『スキーワックス塗るのは不要@本当にワックスって無駄で必要がない?』の記事はいかがでしたか?

ワックスについて必要か不要かについては、様々な意見や状況に応じて手段としての方法があると思います。

この記事でお伝えしました。
スキー板にワックスを塗るより大切なこと

  • 「スキーの腕前をあげること」
  • 「スキーのスピード以外の楽しみ」

を私的な考えで書いてみました。

Sponsored Link