飛行機の後方から見た機内

国内線の機内持ち込み個数とサイズ大きさ

国内線に乗る時には、荷物が多くなる傾向があります。もちろん国際線に比べると荷物の量は少ないですがそれでもキャリーバッグなどをって行く人が多くそれ以上の量になることは覚悟しなければなりません。

では、いつでも荷物を預けることができるかといえば、そのようなことはありません。手荷物の大きさに関しては、国内線飛行機の中ではガイドラインが存在しています。これを考えることで、実際にどれほどの荷物を機内持ち込みできるかは決まってくるといえるでしょう。

何個まで落ち込んでいかといった決まりはありませんが、おおむね一人当たりキャリーバッグ二つほどが限界になるでしょう。それ以上持ち込んでもよいですが、そもそも運べなくなりますので二つ程度で納めるようにしましょう。

サイズに関しては、キャリーバッグの大きさを基準に考えてよいです。ボストンバッグなどでも二つから三つぐらいまでは可能ですが、さすがにそれ以上多いと検査にひっかかってしまう可能性もあります。

Sponsored Link


国際線の機内持ち込み個数とサイズ大きさ

手荷物大きさは、国際線飛行機の方が国内線の飛行機に比べるとある程度許容範囲が広がってきます。やはり、海外旅行になるとたくさんの荷物を持っていくあるいは持ち帰ってくるため飛行機会社もそれなりの量を覚悟しているといえます。

とはいえ、機内持ち込みできるものに関しては制限が設けられていますのでいくらでも持ち込めるわけではないことを理解しておく必要があるでしょう。

ではどれぐらいの量をならばよいかといえば、ボストンバッグ類は四つ分くらいならば持ち込むことが可能です。キャリーバッグに関しては二つから三つくらいは可能ですがそもそも三つも持っていく古都自体かなり無理がありますのでたいていの人は二つぐらいにしておいた方がよいです。

ただ、キャリーバッグのサイズによって三つ程度持ち込めることがありますので必ずしも数で決まっているわけではありません。それよりも、飛行場側からすれば具体的にどのような内容物が入っているかのほうが興味があるといえます。

Sponsored Link