機内に食べ物お菓子のクッキー画像

国内線の機内持ち込み禁止?食べ物やお菓子を調査

北海道や沖縄など、国内を旅行するときには飛行機を使う機会も多いでしょう。そんなときに気になるのは、機内持ち込みがOKな品物についてです。

特に手作り弁当などの食べ物や小腹を満たせるお菓子は、持ち込みをして機内で食べたいと考えるかもしれません。一般的に国内線は、機内持ち込みで禁止されている品物はありません。

ですから手作りのお弁当やお菓子を持ち込むことも可能ですし、機内サービスを利用せず食べても大丈夫です。国内線に持ち込み可能な手荷物のサイズや個数内なら認められているので、安心して搭乗して下さい。

ただし一つだけ注意しておきたいのは、サイズや臭いです。常識外のサイズだと断られることもありますし、臭いがキツい物だと他のお客さまの迷惑になってしまいます。

狭い機内で臭いのキツい物を食べると迷惑をかけますから、禁止されていなくても配慮は必要でしょう。基本的に一般常識の範囲内なら、食べ物は問題なく持ち込みができます。

Sponsored Link


国際線の機内持ち込み禁止?食べ物やお菓子を調査

海外旅行のフライトは国内線より長時間になるので、おにぎりやパンなどの食べ物やお菓子を持ち込みたいと思うかもしれません。

国内線は基本的に問題なく持ち込めますが、国際線は各航空会社によってルールが異なります。サイズや重量が規定内なら機内持ち込みを認めるものの飲食は禁止していたり、一切お断りしている航空会社もあります。国際線の場合は各航空会社によってルールは異なりますから、事前に調べておくと良いでしょう。

機内持ち込みを認めているのに飲食を禁止している理由としては、機内サービスの利用を勧めるためと考えられています。また例え持ち込みを認めている航空会社でも、透明な容器におにぎりやパンを入れなければいけないところもあります。

旅行先で買ったお土産のお菓子については、基本的に持ち込みをしても構いません。ただし持ち込める手荷物のサイズや重量には制限があるので、他の荷物と合わせて超えないように注意して下さい。

Sponsored Link