スキー滑る人々とゲレンデ

フリースタイルスキー板選び方

スキーで滑走しながらコブ斜面でターンやエアなどの技術を競うモーグルや、エアトリックを競うエアリアル等を行うのがフリースタイルスキーです。

従来型のアルペンスキーに比べて自由度の高い滑りが楽しめることから、主に若い世代を中心に人気を呼んでいます。フリースタイルスキーは使用するスキー板も目的によって選び方に違いがあり、初心者の場合は詳しい人からのアドバイスを受けながら選ぶほうが、最適な板に出会える可能性が高まります。

モーグルの場合サイドカーブが浅く板の中心部の絞りが少ない板となっており、長さは身長のプラスマイナス5センチ以内を選ぶと良いとされます。モーグル向けということでコブ斜面攻略には向くものの、一般的なゲレンデではターンしにくい板になっています。

そのためスキーをひねって回し込むといった技量が求められるなど、購入前にメリット・デメリットを把握しておくことが大事です。スキー板が安い時期となる年明けを狙って購入すると、良いモデルがお値打ち価格で手に入ります。

Sponsored Link


フリースタイルスキー初心者おすすめ!

フリースタイルスキー初心者におすすめのスキー板は、主にモーグルを極めたいのか、ハーフパイプなどでエアの技を磨きたいのかで選び方に違いが出てくることから、詳しい人からアドバイスを受けながら選んだり、初心者であることを店舗スタッフに伝えておすすめのタイプをピックアップしてもらうのが得策です。

モーグル向けの人気のスキー板は適度なウエスト幅を持ったタイプで、安定性が損なわれないため力が均一に伝わり、コブ斜面のみならずバックカントリーのパウダーなど多様な雪質や斜面に対応できる板になります。

ハーフパイプに対応したタイプでは、トップとテールが同じ形状になっており、板そのものに柔軟性があって後ろ向きでハーフパイプに入れるような板が適しています。

エアトリックを練習して行く上でも安心して体重を乗せることができ、グラトリことグラウンド・トリックの技を磨くことも可能です。エアトリック派は柔軟性と反発の良さにこだわって選んでおくのが、大事なポイントです。

Sponsored Link