スキー板をかつぐ女性

スキー用具の買い替え時期って?耐用年数を知る

スキーをする人にとってはスキー用具は非常に重要なものになります。趣味のものは、非常に大事にしなければなりませんので、しっかりと手入れをすることが当たり前ですがそれだけでなく大切に使っている場合でも壊れてしまうことも少なくありません。



スキーはスポーツになりますので、それなりに激しい動きをすれば壊れてしまうことも考えられるでしょう。この場合どのようなタイミングで買い替えをするかが重要になります。耐用年数がどれくらいなのか、あるいは壊れる時期がどれぐらいになるのかを知っておく事はとても大事なことです。



実際にどれぐらいの耐用年数になっているかは明確ではありませんが、3年も使い続けると壊れてくる事があります。ただ、商品によっては高級なものも存在しておりそのような物を購入すれば5年以上長持ちすることもあります。場合によっては10年以上長持ちすることもありますので、しっかりした板を購入することも大事です。

Sponsored Link


板・ブーツ・ストックの寿命はいつ?処分はどうするの?

スキー板やスキーストックあるいはスキーブーツといったものはどれぐらいで寿命を迎えるかが問題です。寿命はいつになるかは明確に決まっているわけではありませんが、3年から5年位続けると少しずつ劣化してくるでしょう。



もちろん中には、長年使い続けるものもありますがそれでもいつか壊れてしまうものです。ですが、このように述べるのはあまり妥当ではありません。何故かと言えば、1年に1回しか楽しまない人と1年に3回も4回も楽しむ人では全く消耗度が違うわけです。このように考えれば、単純に年数だけで判断するのは妥当ではないと言えるでしょう。



間違いないのは、使い続けていればいつかは壊れることです。20回から30回ほどで壊れることもあります。これを処分するためには、粗大ごみとして処分になります。約800円ほど有料になります。ただ、リサイクルやフリマーケットで処分という方法もあります。また、急いでいるときは廃品回収業者へ依頼するというやり方もあります。ただ、お金がかかることになりますので、その点もよく考えて自分に合った処分の仕方をしましょう。

Sponsored Link