空港でキャリケースとバックが並んでいる様子

空港の荷物で引っかかるものは?

旅行や出張などで飛行機に乗るという方もいるでしょう。ですが、慣れていない方の場合にはいろいろと検査などで引っかかってしまうこともあります。空港では手荷物検査などもあり物によっては引っかかるものもあります。

分類的に火薬類、引火性液体や腐食性物質、高圧ガスや毒物、酸化性物質類などは検査で引っかかる点からも注意が必要です。

また、制限付きなどで持ち込める荷物などもあり化粧品や医薬品類、アルコール性飲料、ドライアイスなど条件などありますが、持ち込める可能性もあります。

空港内で手荷物検査などでひっかかってしまうと、いろいろと面倒です。

時間がかかってしまうような状況を回避するためにも、荷造りの時点で仕分けなどしておくことが大切だといえるでしょう。検査で引っかからないものや引っかかるものを把握しておくことで、手間取ることもありません。

飛行機にスムーズに乗るためにも、自分なりに引っかかる対象となる分類や具体的な物に対してチェックしておくことが大切です。

Sponsored Link


飛行機の手荷物検査でトレーに出すもの!

飛行機の手荷物検査でトレーに出すものとしては、スマートフォンや時計など電子機器類や財布、その他にもアクセサリなどを身に着けている場合には、それもトレーに乗せましょう。

金具なども金属探知機などに反応するため、ベルトなどもセンサーに反応してしまうケースもあります。バックルなどが大きい、装飾などが付いたベルトなどの場合には、念のためはずしたほうがいい可能性もあるでしょう。

荷物などに関して空港での検査を突破するためにも、手荷物検査などにおいてもきちんとした対応をするということが大切です。金属探知などで引っかかってしまう方が空港内でたまに見かけることもあるでしょう。

自分は大丈夫と思っていても、ついポケットに小銭や鍵などのたぐいが残っていたりすることもあります。事前に検査に引っかからないように金属探知で反応するものはひとまとめにしておくことで、検査時に手間取らずに済むことになるためあらかじめまとめておきましょう。

Sponsored Link