飛行機ベビーカー

飛行機 ベビーカー持ち込める?

赤ちゃんと一緒に飛行機に搭乗する時、ベビーカーの機内持ち込みが出来ると便利なのですが、主要な航空会社では重量と大きさが基準以下でないと認められていません。

折りたたんでコンパクトに出来るとしても、機内ではビニール袋に入れて収納棚か座席の下に置かなければならず使用は無理です。機内に持ち込みができる荷物の個数制限で他にハンドバッグなどを持ち込むことが出来なくなり、飛行機に乗っている間に困るかもしれないので持ち込みをするのはおすすめできません。

でもベビーカーがあったほうがいいと思うならば、国際線と国内線ともに貸出サービスを利用すると良いでしょう。空港カウンタでは貸出専用のベビーカーを用意しています。それを使えば搭乗口まで赤ちゃんを運ぶことが可能です。


Sponsored Link


飛行機 ベビーカー預けるには?

ベビーカーは国際線と国内線ともに機内への持ち込みができないので、手荷物の個数制限に引っかからないようにするためには手荷物として預けるのが一番です。

ベビーカー預ける方法は、普通の手荷物と一緒に渡せば大丈夫です。手荷物は通常重量制限がかけられていますがベビーカーは含まれないことが多いです。料金については無料で預かってくれます。

ただし、航空会社によって子供の年齢が一定以下でなければいけないので、飛行機を利用するときにはよく確認して置かなければいけません。紛失しないように名札をつけ、破損を防ぎたいならばカバーも用意しておきましょう。手荷物で預けた後は航空カウンタで利用できる貸出サービスで、貸出用のベビーカーを使って赤ちゃんを運びましょう。

飛行機 ベビーカー国際線と国内線の違い

ベビーカーの機内持ち込みは、国内線と国際線の違いは国内線だとサイズや重量が基準以下であれば認められますが、国際線はどれほどコンパクトでも駄目です。それからベビーカー手荷物として預けるときには、空港カウンタで貸出サービスを利用して貸出専用ベビーカーを搭乗口まで持ち込めます。

手荷物の預かり料金については国際線も国内線も無料で受け付けてくれます。破損しないようにかけるカバーについては航空会社によって簡易なビニールをかける会社と、何もしてくれない会社があるので事前に調べておく必要があります。

Sponsored Link