飛行機に液体持ち込みイメージ画像

飛行機で液体は機内へ持ち込み?預ける?

飛行機の機内はとても乾燥しているため、水分補給は欠かせません。水分と言っても、飲料であるミネラルウォーターやスキンケアに使用する化粧水など種類は様々あります。このような水分を含め液体を機内に持ちこむ際には注意が必要です。

基本的に液体の持ち込みにはルールがあります。そのルールを守れば持ち込むことは可能ですが、それに反する場合には持ち込むことができなくなるため、あらかじめスーツケースの中に入れて空港の手荷物カウンターにて預ける必要があります。

これらは保安検査場にて確認されますので、その保安検査場を通過した後に購入したものは飛行機の中へ持ち込んでも問題ありません。ですので、手荷物検査でチェックされるのが心配であったり面倒だと感じる場合は、検査通過後にこれらを購入することをおすすめします。

ただし、化粧水などは必ず購入することのできる飲料水とは違い、場合によっては販売していない空港もあるので注意しましょう。

Sponsored Link


国内線と国際線の注意点とは...

基本的にルールを守れば液体でも機内に持ち込みができますが、国内線と国際線ではそのルールに違いがあるので注意が必要です。

まず国内線ですが、ペットボトルを含む飲料はアルコールが入っていないものであれば容量の制限なく持ち込みが可能となっています。

アルコールの場合は、その度数が24%以上70%以下であれば一人当たり5リットルまで持ち込むことが可能で、度数が70%以上は基本的に持ち込み不可となります。

化粧品や医薬品などの場合は、1容器あたり0.5kg 又は0.5ℓ以下であれば、一人当たり2kg 又は2ℓまでは持ち込むことが可能です。

国際線の場合はこれよりも少し厳しくなります。基本的に100ml(g)を超える容器に入った液体は持ち込みが禁止されています。それ以下であれば、容量が1ℓ以下のジッパーの付いた透明のプラスチック製の袋に入れた場合のみの条件付きで持ち込むことが可能となります。

その袋のサイズも縦20cm以下・横20cm以下と大きさが決められています。そして、化粧品類や医薬品類に分類されるスプレーもこれらに含まれます。しかし、引火性ガスのスプレーはこれらには該当しませんので注意しましょう。

Sponsored Link