飛行機にパソコンは手荷物イメージ

飛行機はパソコン持ち込み?預ける?

ビジネスなどで飛行機を移動するときパソコンを使うこともあるので、機内に持ち込めれば便利ですが他方で盗難や雑な取り扱いの結果、故障するリスクもあります。それではパソコンを図けることが出来るのでしょうか。

この点の取り扱いは明白になっていて、バッテリーに使用されているリチウムなどは内部ショートのリスクがありスーツケース内に収納してしまうと不具合が発生しても容易に発見するのが困難で、深刻な事故の原因になることも予想されます。

また旅行先で長期間の使用を見こして充電器を帯同するケースも増えていますが、全てリチウム電源を採用しているものは預かってもらうことはできず、手荷物として飛行機内に持ちこんで自分で管理する必要があります。



Sponsored Link


PCって手荷物の扱いなのか...

そもそも海外でのスーツケースなどの預かり荷物の取り合扱いの実態を御存知でしょうか。スーツケースには当然貴重なものや大事なものも収納されている可能性が重々あるのに、乱雑に扱われており、時にはケースが破損して変形して返ってくることもあります。

酷い場合には紛失したり盗難被害に遭ったりすることも珍しくないのです。そのためPCやゲームなどの盗難被害や慎重な取り扱いが必須なものは預けるのではなく機内へ持ち込み、到着先まで肌身離さす管理する姿勢が必要です。

航空機内で使用するなら事前に充電を済ませておけば不便を感じることもありません。いずれにせよ日本国内では常識になっていることが海外では通用しない事実は肝に銘じておくべきです。

空港や機内でパソコン使用する注意点

空港にチェックインするときにスーツケースにパソコンを入れることは、その後の過程で衝撃を受けて破損するリスクがあるので手荷物にするのが鉄則です。飛行機内でパソコンを使うときにはバッテリー要領に注意が必要です。

機内に持ち込めるリチウム電池は160Wh以下のものです。充電器で事前に電池に充電しておくのが一般的ですが、飛行機によってはUSB電源が設置されている場合もあります。なお飛行機内では「fn」キーと「F2」キーを同時におして「機内モード」に切り替えることをお忘れなく。

Sponsored Link