猟期が冬の限られた期間しかないのですが、

その理由についてご存知でしょうか?

猟期が短い理由や冬場だけの理由には、

生態系と重要な関係がありました。

今回は、その理由について紹介していきます!

Sponsored Link


猟期が冬なのは何故なのか?その理由とは?

猟期が冬だけなのと短い理由をご存知でしょうか?

もちろん意地悪で猟期を短くしているわけではないですよ(笑)

猟期が冬に絞られている理由は、生態系にあります。

狩猟というのは、野生動物を捕獲する行為のことを言います。

当然、野生動物がいなければ狩猟はできません。

夏は、野生動物たちが繁殖期になります。

繁殖期に狩猟を許可してしまうと次の猟期で野生動物の個体数が減少します。

これを続けているとみるみるうちに個体数は減っていき、

やがて絶滅する危険性があります。

なので、野生動物が繁殖期である夏は狩猟をできないのです。

あともう一つ理由があります。

それは樹木との関係性です。

夏になると日が長くなり、樹木や植物類が元気になり、生い茂ります。

草木が生い茂ると当然視界が悪くなります。

視界が悪くなるとどうなるか?

猟師同士の誤射が増えます。

草木の端から出た腕などが遠くから見ている猟師には野生動物に見えたりします。

考えるだけでも恐ろしい…。

まとめ

如何だったでしょうか?

短いからこそ野生動物へのありがたみが尊重されるような気がします…。

Sponsored Link