冬は寒く、頻繁にトイレに行きたくなります。

それは何故でしょうか?

調べてみると色々なことが分かりましたので紹介したいと思います!

冬はなぜ頻繁にトイレに行きたくなるのか?

冬は寒くなり、何故かトイレの回数が増えた気がします。

それには深いわけがあったのです。

コチラでは、その理由について紹介します。

冬は寒いので、汗をかく機会が減ります。

しかし、飲む水分量は夏の時とさほど変わりがないため、

汗として体から出ていかない分、尿として排出するのです。

寒さ

気温が低くなると体冷えます。

そうすると末端の血管が縮み、うまく体全体に血液が巡らないので、

どうしても体の中心に血液が集まります。

その増えた血液を減らそうと尿としてトイレを催すのです。

膀胱が縮む

寒さを感じると筋肉は縮みます。

それと同じ現象が膀胱にも起こり、縮むと

膀胱の容量が少なり、少量でもトイレを催します。

腎機能の低下や膀胱炎の疑いは拭い切れないので、

おかしいと感じたらすぐに泌尿器科へ受診してください!

Sponsored Link


寒い冬に尿が透明な理由とは?

尿が透明な時ってありますよね?

その場合はどういうことなのでしょうか?

また、色がついている場合も紹介します。

透明

尿が透明な場合、水分を摂り過ぎている可能性があります。

少し色がついている

水分のバランスが良い場合、このような色になります。

この状態をキープするのが理想でしょう。

麦茶のような色

水分不足だとこのような色になります。

このような色の尿が出た場合は水分を摂るようにしましょう。

まとめ

如何だったでしょうか?

尿には様々サインや警告が含まれています。

そのサインや警告を見逃さないよう注意深く観察するのも重要ですね!

Sponsored Link