冬は乾燥しているので、洗濯物が早く乾燥するだろうと思っていたら、

意外と乾くのが遅い…、と思ったことはありますか?

今回は冬に洗濯物が乾かない理由について紹介していきます。

冬に洗濯物が乾かない時は部屋干しがイイ!?

冬は曇りの日が多く、なかなか日が当たらず乾きづらい…。

と感じた方が多いと思います。

そんな時に重宝する部屋干しのテクニックがありました。

窓際、カーテンレールはNG

窓際やカーテンレールで干すのはNGです!

空気の流れが悪く乾きづらいので空間を確保して干しましょう。

風を当てる

服を乾燥させるには、空気の流れが重要です。

そのために扇風機が便利です。

空気を効率的に循環させられるので、オススメ。

洗濯物の下に新聞紙を敷く

新聞紙は吸水性に優れていて、洗濯物の水分を吸ってくれます。

なので早く洗濯物が乾くのです。

外に洗濯物を干す乾かないのは何故?

朝に洗濯をして、洗濯物を外に干して、夕方服の様子を見ると、

乾いていない…、ということがあります。

次はその対処法について紹介します。

特別なことはしなくても大丈夫です。

朝の洗濯物を外に干して、夕方になったら、

暖房の入った部屋に取り込んで、部屋干しします。

温かい環境で干すので乾きが早く、加湿器代わりになるので一石二鳥です!

Sponsored Link


冬の洗濯物はどのくらいの時間で乾く?

次は、外と室内では、乾くまでの時間はどのくらい変わるのか、紹介していきます。

外干し

冬に洗濯物を外で干した時の時間は、

約6時間

と言われています。

天候に左右されますが、およそこのくらい時間がかかります。

部屋干し

部屋干しで加湿器を使用しない状況では外干しの倍はかかると言われています。

つまり、約12時間ということですね。

天候に左右されないことと、乾きやすい状況を作りやすいのが部屋干しの長所です。

まとめ

如何だったでしょうか?

空気は乾燥しているのに、乾くまでの時間は結構かかるのですね…。

乾くまでの時間を駆使して効率良く洗濯物を乾かしていきましょう!

Sponsored Link