冬になると、ニュースなどで

「西高東低」と良く耳にします。

しかし、西高東低の意味やなぜ日本が

西高東低の気圧配置になるかは意外と知られていません。

今回は、冬の西高東低の理由について紹介していきます!

西高東低とは?

そもそも西高東低とは、どういった気圧なのでしょうか?

東の地域に低気圧、西に高気圧が存在している気圧配置のことを

西高東低と呼びます。

極地側の寒い風が吹きやすいです。

Sponsored Link


冬の日本が西高東低の気圧配置になる理由とは?

冬の日本が西高東低の気圧配置になるのには、

日本の位置が関係しています。

まず、日本の西側には、ユーラシア大陸があり、

東には、太平洋があります。

水には、暖まりにくく冷めにくい性質があります。

要するに海もこの特徴を持っています。

そして、大陸側が寒くなり、太平洋側が暖かくなります。

これにより、西が高気圧で東が低気圧になり、

西高東低になります。

まとめ

如何だったでしょうか?

気候について知っておくと天気予報が

より、詳しく聞くことができて楽しくなってきます。

Sponsored Link