冬に手荒れになりやすい理由についてご存知でしょうか?

冬に手荒れに悩まされる季節…。

今回は、そんな冬の手荒れになりやすい理由や

対策について紹介します!

冬に手荒れになりやすい理由とは?

冬は手荒れが襲ってくる季節です。

手荒れを放置しておくと「あかぎれ」になり、とても痛いです…。

その冬に手荒れになりやすい理由について紹介します。

冬は、皆様ご存知の通り空気が乾燥します。

空気が乾燥すると、肌の水分が乾燥した空気に奪われていきます。

水分が失われると、次は手の油分が剥がれ落ちます。

「油分がなくなってラッキー!」なんて言っている場合ではありません。

水分もなくなり、油分までなくなると、手を守るものが無くってしまいます。

手を守るものがないと、ちょっとした外からの刺激に反応してしまいます。

これが「手荒れ」というものです。

手荒れがさらに悪化すると、乾燥によって皮膚が避けます。

こちらが「あかぎれ」というやつです。

想像するだけで恐ろしい。

手は体の中で油分があまり分泌されないので荒れやすいのです。

さらに寒さも相まって、新陳代謝の低下で油分がもっと分泌されなくなります…。

冬に手の甲ばっかり手荒れするのは何故?

冬に手の甲が手荒れした時疑問に思ったことはありませんか?

「なんで手の甲ばっかり手荒れするのだろう?」と。

手の甲は外気に一番さらされる部位だからです。

手のひらは握ったりして皮膚と皮膚が重なる場合が多いため、

手のひらは手の甲に比べて手荒れしづらいのです。

Sponsored Link


冬の手荒れ対策

次は手荒れの対策方法について紹介します。

手荒れ対策1

冬は、ウイルスへの抵抗力が低下したり、菌が元気になる季節ですよね。

それに比例して手洗いの回数も増えます。

手洗いした時に、しっかりタオルで拭きましょう。

手に水気が付いた状態で放置しておくと乾燥の原因になります。

手荒れ対策2

ハンドクリームを塗ると良いでしょう。

ハンドクリームの保湿成分が乾燥した手を守ってくれます。

皮膚に刺激が少なく、自分の肌に合ったものを使うと効果的です。

手荒れ対策3

冬は寒いので、ついついお湯で手洗いや洗顔をしがちですが、

冷たい水で洗うようにすると手荒れから手を守れる確率が上がります。

お湯で洗うと手や肌を保護していた油分が剥がれ落ちてしまいます…。

手荒れ対策4

食器洗いはゴム手袋をすると手の水分や油分が落ちずに保護できます。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬には、嫌でも憎い憎い手荒れが襲ってきます。

手荒れやあかぎれに負けない対策法をやりましょう!

手荒れを撃退できるかも!?

Sponsored Link