冬に寝汗をかく理由について紹介していきます。

寒い冬なのに、寝汗を大量にかいてしまった…。

これって病気なのか!?

冬に寝汗をかいてしまうことは病気なのか?また理由について紹介しています。

冬に寝汗をかく理由や原因とは?

冬に寝汗をかくのは、異常なのか?と不安になったことはあるでしょうか?

実は、冬でも寝汗はかいています。

ですので、異常ということはありませんので、ご安心を。

深い眠りについた時に脳の視床下部の体温調節機能により、

自然と寝汗を発汗しているのです。

量としては一晩で約コップ一杯分の寝汗をかいています。

結構な量ですね(笑)

しかし、寝汗と言っても性別によって扱いが変わってきます。

次はその違いについて紹介したいと思います。

冬の寝汗の理由:男性編

しかし、大量に寝汗をかいてしまった場合、体からの危険信号の可能性があります。

男性の場合、男性ホルモンの低下により、寝汗が大量に出てしまうのです。

原因は加齢とストレス。

仕事や受験勉強で強いストレスを受けると大量に寝汗が出るのです。

冬の寝汗の理由:女性編

女性の場合は、女性ホルモンが乱れたときに大量の寝汗が出るのです。

日光を浴びる量が減るとセロトニン分泌が減るのでホルモンバランスが乱れ、

結果的に大量の寝汗に繋がります。

Sponsored Link


冬にかく寝汗対策とは?

大量の寝汗をかいてしまうと枕や布団が濡れてしまい、

結構な不快感を伴います。

次は、冬の寝汗対策について紹介したいと思います。

冬の寝汗対策1

単純に体を暖め過ぎている可能性があります。

電気毛布を使いながら羽毛布団や厚手のパジャマを着用している場合、

過剰な寒さ対策になります。

結果、余分な汗をかき、大量の寝汗に繋がります。

そういった場合は電気毛布を使わない等の対応をすると良いです。

冬の寝汗対策2

人間ですので寝汗は仕方ない部分はあります。

しかし、シーツや布団、枕が寝汗によって濡れた不快感は計り知れない…。

ですので、防水シーツで対策すると良いでしょう。

防水シーツは吸湿性や吸水性に優れているため、快適な睡眠を実現できます。

冬の寝汗対策3

冬は寒いので、体を温めてから就寝するという方もいることでしょう。

しかし、それが大きな落とし穴になる場合があります。

人間が眠る時は体温が下がっていく必要があります。

なので、体が熱い状態で眠るとなかなか体温が下がらずに質の良い睡眠になりません。

質の良い睡眠が取れない場合、大量の寝汗に繋がるので、

寝る前は熱いお風呂に入らないことをオススメします。

42℃以上の熱いお湯に10分以上浸からないのがベストだと言われています。

まとめ

如何だったでしょうか?

寝ている間に寝汗をコップ一杯もかいていたなんて…。

いざ数値にしてみると面白く感じますね(笑)

Sponsored Link