冬に献血する人が減少する理由とは、何でしょうか?

血が足りないことに季節性は関係ないような気がしますが、

調べてみると深い理由が隠されていました!

今回は、冬の献血が減少する理由を紹介します。

献血が不足しているのは本当なのか?

そもそも献血が不足していると良く耳にしますが本当なのでしょうか?

まず初めに献血をする人の人口が減少しています。

それに加え、少子化の影響もあり、特に若年層の減少が大きいです。

逆に輸血を必要とする患者数は増える一方で輸血する血が足りません。

このまま進むと輸血が出来なくなる可能性があります…。

献血で不足している血液型は何なのか?

献血をする人口の減少を止められない中で、

不足している血液型は何でしょうか?

結論から言うとA型とO型が不足しています。

何故かと言いますと、A型とO型の輸血量が多いからです。

A型とO型の母体数が多く、それに伴って輸血量も必要です。

なので、輸血を募っても募っても足りないのです。

逆にB型は輸血する回数も少ないので、

血が底を尽きることが珍しいです。

冬に献血が減少理由とは?

冬に献血が減少する理由とは何でしょうか?

毎年、冬には新型のインフルエンザが猛威を振るいます。

新型インフルエンザが流行すると輸血が必要になります。

輸血を必要とする人口が増えるので、献血に行く人口の減少と共に、

輸血に行ける人までインフルの影響で献血に行けないという負のサイクルができます。

そうして冬の献血が減少するんですね。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬には献血の呼びかけが強くなるのですね…。

何はともあれ、インフルや風邪に負けない体作りを心掛けましょう!

Sponsored Link