冬は寒いですが、ふと景色に意識を向ければ、

綺麗だと感じたことはありますか。

冬の景色はいつもより綺麗で見とれてしまうこともあります。

では、なぜ夏ではなく、冬の景色が綺麗に見えるのでしょうか?

今回は、冬の景色が綺麗に見える理由について紹介します!

冬空や冬の景色が綺麗な理由とは?

冬の空を見上げてみると星が綺麗に輝いています。

夏の星空よりも冬の方が綺麗な感じがします。

それは何故なのでしょうか?

調べてみると冬の空が綺麗に見えるのは気分ではなく、

明確な理由が発覚したので紹介したいと思います。

残照

冬は暗くなるのが早く、夏は暗くなるのが遅いです。

冬に暗くなるのが早いということは太陽の光が真夜中の空には届きません。

逆に暗くなるのが遅い夏は、太陽の光が残ってしまい、

空が黒に近い青色となります。

これを残照と呼び、夏の残照の影響が少ない冬の空は綺麗に見えるのです。

気候

ご存知の通り、冬になると空気が乾燥します。

寒さの関係で空気中の水分が奪われていくからなのです。

水分は光を屈折させ、歪めます。

その点、冬は乾燥していて、空気中の水分濃度が薄いので、

目に届く光が歪まないので、冬の星空は綺麗に見えるのです。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬の空はロマンチックですし、時間も忘れて眺めてしまいます。

冬には景色が綺麗に見える条件が集約されています。

綺麗な景色を見ていると多少寒くても耐えられそうですね(笑)

Sponsored Link