冬になって寒くなるにつれて、乾燥も進んでいきます。

冬に乾燥する理由って考えたことあるでしょうか?

冬に乾燥するのは当たり前と思い深く考えることもないと思います。

冬に乾燥するのなんて常識だし…(笑)

と思いましたが、調べてみると意外と知らない事実が発覚しましたので、

今回、紹介したいと思います。

冬に乾燥する理由に飽和水蒸気量が関係している!?

どうやら冬に乾燥する理由には飽和水蒸気量が関係しているのです。

そもそも飽和水蒸気量と聞くと理科の授業を思い出して、

頭が痛いという方もいるでしょう。

私もです(笑)

出来るだけわかりやすく説明したいと思います。

飽和水蒸気量とは?

飽和水蒸気量とは、「液体状態の水が蒸発して水蒸気になる速度」と

「水蒸気が凝結して液体状態の水になる速度」が等しくなり、

見た感じ蒸発も凝結も起こっていない状態のことを、

飽和水蒸気量と言います。

つまり、一定の空間の中に水蒸気を限界まで含み、

その時の水蒸気量を飽和水蒸気量と難しく表記しているだけなのです。

体で例えると、食べ物をお腹いっぱい食べたときの、

胃の中の食べ物を量を水に置き換えたのが飽和水蒸気量と

解釈頂ければわかりやすいかと思われます。

飽和水蒸気量との関係性

冬は寒いので、室内で暖房付けますよね?

実は室内を暖める行為が乾燥に繋がっているのです。

空間が温められると、湿度というのは下がっていきます。

空気が温められると、水分を含める量(飽和水蒸気量)は増えますが、

湿度は下がります。

室内だと、部屋が温まり、含める水分量は増えますが、

水分自体は増えていないため、湿度だけが下がり続けます。

その結果、空気中は水分を含みたいと水を我々の肌から水分を奪います。

これが悩ましい乾燥肌の一因なのです…。

冬の乾燥って日本海側だとどんな感じなの?

冬の乾燥って日本海側だとどういった影響があるのでしょうか?

日本海側から吹いてくる風は関東へ来るときに山を越えてやってきます。

山を超えるということは、水蒸気を含んだ空気が上昇していきます。

上昇すればもちろん温度を奪い冷たくなります。

その結果、空気に馴染まない水分は雨として地上に落ちていきます。

そうすると水分が減り、乾燥している空気になります。

そして、その乾燥をキープしたまま、関東に吹くので、

我々が過ごすところも乾燥するのです。

冬に乾燥することへの対策とは?

冬は暖房器具が必須アイテムです。

暖房器具なしでは冬は耐えられません。

それでも乾燥は防ぎたい…と思う方もおられることでしょう。

次は冬の乾燥の対策を紹介します!

洗濯物

室内に洗濯物を干すと室内が加湿され乾燥を防ぐことができます。

しかし、部屋干し臭が気になります。

そんな時は、なるべく窓側に干し、日の当たる場所で干すことで、

部屋干し臭を抑止することができます。

寛容植物を置く

植物は吸収した水分を葉っぱから蒸発させてくれるので、

空間が加湿されます。

つまり植物は天然の加湿器のなのですね!

葉っぱの大きい植物の方が加湿の効率は良いと思いますが、

植物であれば、問題ないと思います。

コップに水を入れる

コップや洗面器などの容器ならばなんでも構いません。

その容器に水を入れ、部屋の隅などに置きましょう。

そうすることで、乾燥した空間に気化していくので加湿されていきます。

霧吹きをする

霧吹きで空間に水をまくことで、空間を直接加湿できます。

ファブリーズなどの消臭効果のあるスプレーでまくと良い香りが

部屋に広まって幸せな気持ちになりますのでオススメです。

鍋物を食べる

鍋物を食べることが対策になるのではなく、

鍋物は長時間火をかけているため、水蒸気が鍋から常時上がっている状態です。

つまり加湿されるのです!

お風呂のドアを開けておく

入浴した後、すぐにお湯を捨てずに、ドアを開けてしばらく放置してみましょう。

お風呂に溜まっているお湯の蒸気が部屋の方へ出ていくので、

室内が加湿されます。

マスクをする

これは人体的な対策ですね。

マスクをすることで、マスクの中で水蒸気が溜まります。

なので、常に喉が潤っている状態を保つことができます。

冬に乾燥するとお肌はどのようなダメージがあるのか?

冬に乾燥すると肌にどのようなダメージがあるのでしょうか?

まず初めに肌の表面がガサガサします。

これは空気の乾燥によって肌の水分が奪われていくため、

潤いを失うことでガサガサになるのです…。

お肌がガサガサになっていると表面の角質がボロボロになり、

痒みを引き起こします。

更に水分が失われていくと肌の弾力がなくなり、

肌が避けてしまい、あかぎれになってしまうことも…。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬に空気が乾燥しているのは、様々な要因があるのですね。

意外と知らないことが山盛りで少しドヤ顔出来る知識なのではないでしょうか(笑)

乾燥への対策をしっかりして、乾燥に負けない生活を心掛けていきましょう!

Sponsored Link