冬にはウイルスや感染症に体をやられてしまう可能性が高まります。

その中でも感染症は死亡に?がることもあり、感染すると非常に危険です…。

しかし、やられるだけの人間ではないです。

なので、当記事では感染症に対する知識と対処法を紹介します!

冬に感染症が流行する理由とは?

「冬に風邪を引きやすくなった」

「冬にインフルやその他の感染症が流行している…」

「家族が感染症になってしまった…」

という声が増えてきます。

冬に感染症やインフルが増える理由は何なのでしょうか?

コチラでは、冬に感染症が流行する理由について紹介します!

理由1:乾燥

冬は空気が乾燥します。

乾燥するとウイルス自体の水分も奪われていきます。

水分が奪われたウイルスは体が軽くなり、我々の顔付近まで浮上しやすくなります。

そのため、ウイルスなどを吸い込みやすくなり、口腔内や鼻腔の粘膜などの

湿度の高いところに付着します。

口腔内や鼻腔の粘膜は一定の水分と湿度を保っているため、

ウイルスなどは快適に増殖していきます。

その結果、感染症に繋がっていくのです。

理由2:免疫の低下

生き物には、体内に異物が入ると排除する機能が備わっています。

人間で言うところの免疫です。

体を守る上で非常に重要な免疫ですが、冬には免疫力が低下してしまいます。

冬は気温が下がり、それに伴い、体温も低下します。

人間は体温を一定に保つ恒温動物なので、

体温が1度でも下がると体に影響があります。

体温が低下すると体全体の代謝活動が鈍くなり、

免疫力を生成するエネルギーも確保出来ないため、

免疫力が低下するのです。

その状態で、口腔内や鼻腔の粘液にウイルスが付着した場合は、

感染する可能性が非常に高いですね…。

冬にはどのような感染症が流行るのか?

ここまで読んだ方なら冬は感染症に感染しやすいとご理解頂けたかと思われます。

それは分かったけど具体的にどんな感染症がかかりやすいのか?

と疑問に思った方が多いと思います。

次はどのような感染症が感染しやすいのか紹介します!!

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)とは、

RSウイルスに感染することで発症する感染症です。

主に咳や鼻水などの呼吸器に異常が見られます。

赤ちゃんが生まれ、生後1歳になるまでに半数以上が感染し、

2~3までにほどすべての赤ちゃんが感染すると言われております。

乳幼児が感染する代表的な呼吸器疾患の内の一つです。

残念ながら赤ちゃん特有の感染症ではなく、

生涯感染を繰り返す可能性があります。

大人が感染すると症状は比較的軽く済みます。

年齢が上がるにつれて、RSウイルスに免疫を持っているため、

軽い鼻風邪でおさまることが多いです。

しかし、気管支炎や肺炎に?がる可能性もあり、

そうなった場合は38度以上の発熱が5日程度続くこともあります。

高齢者が感染した場合、急性下気道炎の原因でもあります。

RSウイルス感染者の咳やくしゃみなどの飛沫による飛沫感染が主な感染経路です。

更に、RSウイルスが付着したドアノブやRSウイルス感染者と接触するなどの接触感染でもあります。

感染力は強く、潜伏期間は2~8日ほどです。

溶連菌感染症

少しまで前まで「溶連性連鎖球菌」と呼ばれてました。

溶連菌と一口に言っても様々な種類が存在します。

健康的な体には無害なものから病原性の高いものと様々です。

小児科では、咽頭炎を引き起こす「A群β型溶連菌」が問題となっております。

感染しても無症状になることが多いのが特徴ですが、

実は毒性が強く、大きな病気に?がりやすいということで

有名になった細菌です。

子どもが感染することが多く、子どもの病気という印象がありますが、

大人も感染しますので、油断は禁物です。

「A型β型溶連菌」に感染すると急性咽頭炎のほかに、

扁桃炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、急性糸球体腎炎、リウマチ熱と

様々な症状を引き起こします。

その中で子どもに見られやすい、急性咽頭炎は

普通の風邪よりも熱が高く、喉の粘膜が赤く腫れ、

強い痛みを伴うのが特徴です。

発疹や下の表面に赤いブツブツが出る「苺舌(いちごじた)」や

舌の皮が剥がれるなど、様々な症状が現れます。

更には扁桃腺が腫れて膿が溜まるのも特徴です。

大人は溶連菌に抗体を持っていることが多いので、

感染しても子どものように重症化することはあまりありません。

その大半は感染しても無自覚で「無症状感染者」が多いです。

その一方で大人が重症化した場合、死亡するリスクが高いことでも知られています。

溶連菌の主に飛沫感染で、感染者の咳やくしゃみによって

体内に入ることで呼吸器系に感染します。

潜伏期間は2~5日ほどで発熱や咳、のどの痛みから発症します。

冬に感染症に感染してしまったの対処方とは?

感染症は感染してしまうと非常に危険なものばかりです。

その中で感染してしまった場合にしっかり対処を施すことが重要です。

次は感染症に感染してしまった場合に対処法について紹介します。

対処法1:医療機関

感染を確信した時は、とにかく早急に医療機関を受診してください。

安静にして回復を持つのも重要ですが感染症のほとんどが

自然回復では手遅れになります。

なので、医療機関を受診し、医師の指示を仰いでください。

対処法2:水分補給

医療機関に受診したら家で安静にしましょう。

でも、ただ寝るだけでは、弊害があります。

それは脱水症状です。

感染症の多くが発熱を伴い、熱で水分はどんどん体から失われていきます。

とにかく水分補給をしっかりしましょう。

だからといって、一気飲みは避けてください。

体に負担になるばかりか、体の水分になる前に尿として流れてしまいます。

1口ずつゆっくり飲むようにすると良いです。

対処法3:嘔吐や下痢

感染症の中には、吐き気を伴うケースもあります。

吐いてしまったら、その処理には気を付ける必要があります。

吐しゃ物の中には、感染症の原因菌が含まれている可能性があり、

必ず、手袋とマスクを着用し、処理すると安全性が上がります。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬になると感染症になる確率が跳ね上がるので、

予防もしっかりしておくと安心でしょう。

冬も感染症に負けない生活を!

Sponsored Link