ノロウイルスが冬に多いのはどういった理由があるのでしょうか?

ノロウイルスに限らずウイルスというのは冬に猛威を振るいます。

知らないと危険なので、当記事ではノロウイルスが冬に多い理由と

その対策について紹介します。

ノロウイルスが冬に暴れるピークはいつまでなのか?

ノロウイルスが冬に暴れるピークの時期ですが、

11月から翌年の3月まで猛威を振るいます。

ノロウイルスは感染者に接触することによる接触感染、

生ものを充分に加熱せずに食品接種による経口感染により感染します。

何より一番怖いのは、ヒトからヒトへの感染力が強く、

二次感染を引き起こし、蔓延することです。

対策については後述します。

ノロウイルスが冬に暴れるが夏はどうなのか?

ノロウイルスやその他のウイルスによる被害は冬に話題になりますが、

夏はどうなのでしょうか?

生きている上では、夏にノロウイルスが流行っているというのは、イメージし辛いですね。

「なんだぁ~それなら安心だ」とならないのがノロウイルスの怖いところです…。

前述した通り、11月から翌年の3月までがピークですが、

夏にもノロウイルスに感染したという事例があるのです!

夏はウイルス自体の活動が鈍く、増殖し辛い環境なのですが、

体内で増殖するタイプのノロウイルスも存在するのです。

人間は恒温動物なので、体内はある程度一定の温度を保ちます。

その体内で増殖するということは…?

お察しの通り、夏や冬に問わず増殖し、感染します。

しかも、ノロウイルス特有の感染力を保持しているので、

夏に感染したとしても周りに蔓延していくのです…。

余談ですが、ノロウイルスは氷点下~60度まで生存できるので、

年中感染の可能性があるということです。

ノロウイルス…君はタフすぎる…。

ノロウイルスの症状は何か?

ノロウイルスが一年中感染する可能性があると紹介してきました。

では、ノロウイルスに感染してしまった場合、どのような症状が出るのでしょうか。

症状1:腹痛、下痢

まず、非常に強い腹痛と下痢が表れます。

個人差はありますが、強烈な痛みを伴い、1日に何度も起こり、

トイレから出られないということが起こります。

ほとんどの場合、我慢できないレベルの痛みは避けられません…。

症状2:吐き気

前述した腹痛や下痢と同じレベルで起こるのが吐き気です。

ノロウイルスに感染するとほぼ必ず、1日の内に何度も吐き気を催します。

吐き気によって吐いたり、下痢を1日に何度もしていると、体内の水分が急激に失われます。

季節に関わらず、脱水症状の危険があるので、こまめな水分補給を心がけると良いでしょう。

小さい子供や高齢者だと抵抗力が弱く、症状悪化に繋がりやすいため、

水分は一番に気を付けてください。

ノロウイルスはヒトからヒトへの感染力が強いため、吐しゃ物からの二次感染が起こります。

吐しゃ物の処理には、充分に気を付けてください。

症状3:発熱

ノロウイルスに感染しても発熱は避けて通れません。

しかし、38度以上の高熱が発症するのは珍しく、

微熱か熱自体発症しないことがあります。

吐き気や腹痛に加え、発熱まで起こると体力が奪われるだけでなく、

脱水症状のリスクも高まります。

こちらも水分補給をこまめに摂ることを心がけましょう。

ノロウイルスが冬に多いので対策したい…。

ここまで読んでくださった方ならば、ノロウイルスの怖さがお分かりいただけたと思います。

次はノロウイルスに感染しないための対策について紹介していきます。

対策1:水分補給

とにかく、脱水症状が怖いので水分補給をこまめにしましょう。

確かに水分補給は必要ですが、一気に大量の水を飲むのはお止めください。

体に負担がかかりますし、身体に浸透するまえに尿として流れてしまうので、

少しずつ、体に染み込ませるように水を飲むと良いかと思います。

また下痢や嘔吐はミネラルも流れていくので、ミネラル含有の経口補飲料を

少しずつ飲むのが理想的でしょう。

対策2:加熱を怠らない

ノロウイルスは氷点下~60度までは生存します。

なので、食品はしっかり加熱することが大事です。

中心温度で90度以上で1分以上の加熱でノロウイルスは死滅します。

生もの以外でも、ノロウイルスが付着している可能性があるので、

出来るだけ加熱することをオススメします。

加熱できない食品もあるかと思いますが、

その際は、しっかり洗浄することでリスクを軽減することができます。

対策3:手洗い、うがい、マスク

ノロウイルスは非常に小さいウイルスです。

外出した際に、手や衣服に付着した状態で手などから経口感染します。

帰宅後や食事前、トイレ後、調理前にしっかり石鹸で手洗いしましょう。

対策4:食事に関して

感染した場合、栄養を付けようとして、食事をするのは逆効果です。

無理に食べ物を胃に入れてしまうと胃に負担がかかり、

下痢や嘔吐してしまうのです。

とにかく、水分が抜けていくので、水分補給を行い、

胃に優しく、消化の良いヨーグルトやお粥を食べると良いでしょう。

食物繊維を含むものや辛いものがは胃に負担がかかるので控えた方が良さそうです。

対策5:除菌

トイレなどは感染の危険が潜んでいます。

便に紛れてノロウイルスが潜んでいる可能性があるので、

しっかり、除菌を行いましょう。

調理器具に付着していると野菜を切った際にノロウイルスが広まってしまいます。

調理器具もしっかり除菌しましょう!

ちなみに、トイレは手すりやドアノブの5~10倍ほどウイルスが付着するのだそうです…。

対策6:物の共有はNG

ノロウイルスは非常に感染力が強いので、数十個程度でも感染し、発症します。

二次感染の引き起こしやすいので、手洗いうがいする時のコップ、

食器やお風呂で使用するタオルの共有を避けましょう。

対策7:吐しゃ物について

ノロウイルスが原因で嘔吐した場合は注意が必要です。

嘔吐というのは、異物を外に出す役割をしているため、

吐しゃ物にはノロウイルスが含まれています。

吐しゃ物処理をする際は、素手で行わず、使い捨て手袋をはめてください。

引き取った場所にも塩素系漂白剤を50倍程度で薄めてふき取りましょう。

まとめ

如何だったでしょうか?

一年中感染の危険性があるどころか、感染したかな~り辛いです…。

対策を常に心がけるのが大事だと再度学べました。

対策をしっかりしてノロウイルス知らずライフを送りましょう!

Sponsored Link