冬に風が強いと感じたことはありませんか?

冬は寒いし、風が強い…。

その理由について調べましたので紹介します!

冬の風が強い理由とは?

そもそも風はどのように発生するのでしょうか?

その中の一つに気圧差というのがあります。

日本の冬は大陸にできるシベリア高気圧の気圧配置です。

シベリア高気圧は勢力の強い時でおよそ1050hpaになります。

その一方で日本の東海上に出来る低気圧の勢力は

強い時で960hpaを下回ります。

シベリア高気圧と東海上に出来る低気圧との気圧差は

実に100hpaとなり、重さにして約1トンとなります。

つまり、シベリア高気圧と東海上に出来る低気圧との間の空気は、

高気圧から低気圧に向かって1トンの力で押されることになります。

この1トンの力によって強い風が吹くのです。

なぜ夏の風は弱いのか?

逆に夏は何故風が弱いのでしょうか?

それは日本列島全体が太平洋高気圧に覆われるためです。

高気圧単体だと低気圧のように、発達して周囲との気圧差を

起こし風を強めるということはありません。

そのため、気圧差が大きくならないので、風も強くならないということなのです。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬は寒い上に風がやけに強いなと感じていました。

その理由には気圧差が関係しているとは想像もできませんでした…。

Sponsored Link