冬の晴れが寒い理由

冬の晴れが寒い理由はご存知でしょうか?

普通、晴れていれば日光が地上に降り注ぎ、

暖かく感じると思います。

しかし、実は晴れた方が寒いと感じるような理由がありました!

今回は、冬の晴れが寒い理由について紹介していきます!

Sponsored Link


冬の晴れが寒い理由を紐解くのに重要な放射冷却とは?

冬の晴れが寒い理由を紹介する前に放射冷却とは何か?について説明します。

では、放射冷却とは何かについて紹介します!

放射冷却という言葉皆様一回は耳にしたことがあるかと思います。

放射冷却は太陽が沈んだ夜の間に現れる現象です。

熱というのは、上に上昇していく性質があり、逆に冷たい空気が下に下降します。

夜は太陽が沈み気温の上昇が行われません。

なので、熱がどんどん上に上昇していくのです。

そして、地球の表面が熱の上昇によって、地球内より地球表面の方が温かくなると、

宇宙に熱が放出されます。

これが放射冷却という現象です。

因みに、上空に雲があると上昇していく熱を遮って、放射冷却を邪魔します。

冬に晴れが寒い理由とは!?

冬に晴れが寒い理由について述べます。

晴れるということは雲の量が少ないということです。

雲がの量が少ないということは放射冷却が捗る状況になります。

なので前日の夜に放射冷却で地球内の熱がほとんど逃げてしまっている状態です。

朝から昼にかけて地球内が太陽光で暖まるまでは寒く感じるのですね。

風がない夜だと暖かい空気と寒い空気が混ざらないので気温が平均的になりません。

太陽によって暖められた空気は放射冷却によって宇宙へ逃げ、

寒い空気がだけが地球内に残ることになるため、冬の晴れは急激に寒く感じるのです!

まとめ

如何でしたでしょうか?

冬の朝、急激に冷え込んだなと感じていたのは、放射冷却が原因だったんですね…!

晴れたら快適な感じがしますが、冬においては晴れてくれと思ってしまいます(笑)

Sponsored Link