冬になるとチョコレートを無性に食べたくなることはありませんか?

やたらと冬はチョコレート商品の露出が増えます。

これらにどのような関係があるのでしょうか?

今回は、冬とチョコレートの関係性と理由について紹介します!

冬にチョコレートが食べたくなる理由とは?

冬になるとチョコレートを食べたくなる気がしませんか?

その理由には、人間の体の作りに秘密が隠されています。

冬は気温が下がり、当然寒くなります。

寒くなりますから、筋肉が血管を収縮させて体温を保とうとします。

その収縮に炭水化物と脂質が消費されます。

そして、炭水化物と脂質を効率良く摂取できるのがチョコレートです。

人間は、体に必要なものを自然に欲する機能があります。

この機能によって、寒い冬はチョコレートが食べたくなるのです!

ちなみに冬は人肌が恋しくなると良く言われますが、

これは生存本能の一つで寒さから体温低下を防ぐ役割があるのです。

Sponsored Link


冬限定のチョコレート商品が多いのは何故か?

冬になると、やたらと「冬季限定チョコ!」とか銘打ってる気がしませんか?

実はこれには、理由があるのです。

チョコレートは、皆さんご存知の通り、熱によって溶けます。

冬に良く売られる口どけチョコレートは、通常のチョコレートより融点が5℃近く低い。

夏は気温が上昇するので、物流過程で溶けてしまうため、口どけチョコレートは夏に売れないのです。

なので、冬でしか味わえないという特別感から良くチョコレートが売られるのですね。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬にチョコレートが食べたくなる理由が、まさか本能だったなんて…。

しかし、冬だからといって食べ過ぎは禁物という罠があります…(笑)

Sponsored Link