冬は空気が乾燥して静電気が増える季節…。

今回は冬に静電気が多発する理由や

対策について紹介しています。

冬に静電気が多発する理由と対策とは?

冬は静電気が多発して、髪がくしゃくしゃに…。

そもそもなんで静電気が発生すると髪がくしゃくしゃになるのでしょうか?

コチラでは、その理由と対策について紹介したいと思います!

なぜ冬は静電気が発生するのか?

夏はあまり静電気が発生しないのに冬は際立って静電気が発生するのでしょうか?

その秘密に冬の乾燥が関係しています。

静電気というのは、季節に限らず体に発生し続けています。

夏であれば、空気中にたくさんの水分がある状態です。

空気中の水分によって痛みを感じることなく、

空気中に放電しています。

しかし、冬は空気中が乾燥し、水分が少ない状態です。

空気中に水分が少ないと、空気中にうまく放電できないので、

体にどんどん静電気が蓄えられていきます。

その体に蓄えられた静電気が通電性の高い金属などに触れると、

静電気の集合体が一気に金属などに通電します。

その強い静電気により、痛みを伴うのです。

静電気への対策

一番簡単な静電気への対策法は、ものに触れることです。

金属ではなく、水に軽く触れるだけで、体に溜まった静電気を逃がすことができます。

金属に触れてしまうと場合によっては、「バチッ」と痛みを伴いますからね( ;∀;)

次は加湿することです。

静電気が痛いのは、空気中が乾燥し、うまく体の静電気を外に放電されづらいからです。

なので意図的に空気中を加湿することで、常に微量ずつ放電していく環境を作ると良いでしょう。

静電気を感じやすい体質ってあるの?

静電気を感じやすい体質というのはあるのでしょう?

その答えはYESです。

ただ、体質というよりは環境に起因する帯電です。

体内が乾燥している人は、特に静電気が溜まりやすいです。

まとめ

如何だったでしょうか?

冬の静電気はとにかく痛い…。

対策をしっかりして、静電気をはねのけましょう!

Sponsored Link